2017年2月2日「≪シズオカ×マルタ≫民俗が音楽になるとき」プレレクチャー 現代音楽のつどいvol.28

不定期開催している「現代音楽のつどい」次回のご案内です。


*************************************************
今回の現代音楽のつどいは特別タイアップ企画!
来る2月11日にスノドカフェ狐ヶ崎で行われる「≪シズオカ×マルタ≫民俗が音楽になるとき」コンサートのプレレクチャーを行います。

このコンサートは、今日、当事者以外からはほとんど社会から顧みられない「民俗(フォークロア)」を「音楽」に転写することで、どのような現象が起きるのか、ひいてはどのように「音楽」として切り出すのか、「民俗」が「音楽」になるのはどういうことなのかを、実際の楽曲制作の演奏を通して、実践的に考察するリサーチプロジェクトの一環として行われるもので、現代音楽のつどい共同主催の一人、渡会美帆が作曲・演奏を担当しています。

現代音楽のつどいにおいて今回開催するプレレクチャーでは、このリサーチプロジェクトのテーマでもあり、渡会個人の近年の創作テーマともなっている、伝承音楽を現代の音楽として、(また現代音楽の手法や観点も用いながら)転写し再生する試みについて、新作「納曾利とアーナが出あうとき〜Nasori meets Ghana〜」の創作過程の様子を通してお話したいと思います。

また本プロジェクトのコーディネーター、谷口政広さんをゲストにお迎えし、今回のプロジェクトの題材である2つの伝承音楽、静岡県周智郡森町の天宮神社十二段舞楽より「納曾利」と、地中海の島国マルタ共和国の民俗音楽「アーナ」について映像や音源を交えながら紹介します。なかなか知られることの少ないこれらの伝承音楽の認知と、現代音楽としての可能性について、有意義なディスカッションの機会にしたいと思います。

※コンサートの詳細はこちら

http://maffin.jugem.jp/?eid=255
https://www.facebook.com/events/256228348147608/

コンサートと合わせてのご参加はもちろん、レクチャーのみでも大歓迎です!
是非この機会にご参加下さい!!お待ちしております!!

日時:2017年2月2日(木)19:30〜
場所:スノドカフェ(清水区上原1-7-3)
参加費:1500円
(1ドリンクおやつ付き、学割1000円)

第26回現代音楽のつどい サウンドハンティング@駿府城公園
久しぶりの更新になってしまいました。
秋めいてきて、散策するのによい季節になってきました。
という事で、サウンドスケープ(音風景)のワークショップのお知らせです。
************************************

第26回現代音楽のつどい
サウンドハンティング@駿府城公園

暑かったり寒かったりで日も短くなってきました。
冬が来る前にお外に出ようということで、今回は初めての休日午前開催!
そして初めてのスノド3開催です。

秋の駿府城公園で音探しをします。
前半は天守台の発掘作業が行われている駿府城公園の中を歩き回って聞こえた音をマップにメモ。
後半はスノド3で珈琲とマフィンをいただきながら、何が聞こえたかを話しあいましょう。

日時:11月13日(日)10:00〜12:00
場所:駿府城公園(静岡市葵区)東御門集合
→静岡市民文化会館内スノド3解散
参加費:1500円(1ドリンクマフィン付)
持ち物:筆記用具、雨具?
※小雨決行です

いつもながら、はじめての方大歓迎!

マフィンの用意がありますので、前日までに参加表明お願いします。
迷っている方はとりあえず興味ありにしておいていただいて前日に変更で大丈夫です(^^)

あと、外を歩きますので遅れて参加される場合は、その旨を投稿してください。

*********************************************
ご興味ある方は
現代音楽のつどいfacebookページよりお問い合わせください。

 

JUGEMテーマ:音楽

第16回現代音楽のつどい有度サウンドダイヴvol4「秋の有度を聴く」
こんにちは。

清水区スノドカフェさんで隔月不定期で開催している
「現代音楽のつどい」のお知らせです。
今回は11月19日(水)19時半〜
スノドカフェさんを拠点とした有度地区のサウンドスケープを探究する
「有度サウンドダイヴ」の第4弾です。

秋の有度を彩る音について、
参加者の皆さんと探究してみたいと思います。

以下詳細です。
是非お誘い合わせの上お越し下さい!!

****************************************************************
第16回現代音楽のつどい 
有度サウンドダイヴvol.4「秋の有度を聴く」


ナビゲーター渡会が採り歩いた有度の音をまとめた小作品を鋭意作成中!
参加者みんなでそれを聴いて、
なんだかんだと気づいた事をおしゃべりします。

●秋の音を聴いてみる
●夏の音を聴いてみる
●龍勢と開枕太鼓

常連の皆さんも、初めての方も是非是非ご参加ください!!

とき:2014年11月19日(水)19:30~
場所:スノドカフェ(清水区上原1-7-3)
参加費:1500円(1ドリンクおやつ付、学割あり)
***************************************************************
JUGEMテーマ:音楽
第10回現代音楽のつどい『聴覚と視覚の相容れない関係?〜サウンドエデュケーションワークショップvol.2』終了しました〜
こんにちは。 ご報告が遅れましたが、11月26日、第10回現代音楽のつどい『聴覚と視覚の相容れない関係?〜サウンドエデュケーションワークショップvol.2』終了しました〜!
お越し頂いた皆様ありがとうございました!!

今回は聴覚と視覚の関係に焦点を当てたワークを中心に行い、
前半は

見えないけど聴こえてくる音、
自分の体の中から聞こえる音、
見た目と聴こえてくる音にギャップのある音、
等をワークシートに思いつくまま書いて頂き、
それぞれディスカッション。

後半は、
紙を丸めたらどんな音が鳴るか先に想像してもらって実際にやってみて想像と実際の音に変化があったかどうか、

そして今夜のハイライトは、
4種類(+おまけ)の異なるテイストの音(楽器など)を演奏しているところは見せずに実際にその場で聴いてもらって、その音が鳴っている間に紙に模様等の形状、そして色も選択して描いて頂きました。

楽器は木の実マラカス、なべふたこすり、カリンバ、スプリングドラム(小)、そしておまけは先日口琴ワークショップで伝授してもらったばかりの口琴の音(笑)。

そのうち写真はスプリングドラムの演奏時に描いて頂いた皆さんの作品ですが、驚くほど形状と色がかぶってる!!!

他の作品も、形状や色が共通するものが多く、
音とそこから発想されるものについて、改めて考えさせられる結果となりました。

結論:脳ってすごいんですね(笑)


このワークは今日の参加者の皆様には非常に好評で、
単独ワークショップとしても行けそうな感じだったので、
又機会を作ってやれたらと思います。


このワークと真逆の、4つの写真から音を想像するワーク
宿題として次回までに考えて頂くことにしました。

聴覚と視覚の相容れない関係、なかなか深いものがありそうですね。


次回はまだ未定ですが、2月ごろにできれば…。


来年もどうぞよろしくお願い致します!!!
10月12日(土)「午後のアートカフェ」哲学カフェのご案内
こんにちは。

先日10月5日、ここでの告知をすっかり忘れてしまったのですが、
去年まで「朗読とピアノの午後」で出演させて頂いていた静岡県舞台芸術センターSPACの新企画
「午後のアートカフェ」に、朗読とのコラボレーションで演奏で出演させていただきました。


その先日の「午後のアートカフェ」でご一緒した木内琴子さんがSPACのブログに先日の様子を書いて頂いてます!!
須磨子な琴子さんの衣装の写真も!(*^_^*)
http://spac.or.jp/blog/?p=14425


そして、先週に引き続き、今週も「午後のアートカフェ」に出演します。


20世紀以降の現代音楽の先駆者であるシェーンベルクと、音楽の概念を根底から覆したジョン・ケージ、2人の作曲家の音楽の捉え方と創作のアプローチを中心に、
ピアノ実演を交えて、出来るだけわかりやすく現代音楽についてお伝えできたらと思います。


音楽の話ではありますが、その根底を支える思想や考え方は、音楽に限らず、新しい思考や捉え方のヒントだったり、気付きになるかもしれません。


準備をしながら、思えば、私自身も現代音楽に触れて勉強を進めるうちに幾度もショックを受け(笑)、それはそれまでの、音楽はそういうものだ、という既成概念を悉く打ち砕かれた結果だったのかな、という感じで、
それによって新しく見えたものや感じられたものも確かにあったりして。
 


何を伝えられるのかはわかりませんが、
何かが届けられたら、と思います。

***************************************
10月12日(土) 「午後のアートカフェ」哲学カフェ
13:30〜 レクチャーコンサート「ピアノで考える現代音楽」
      
14:30からは、トークセッション「一歩外に出るための哲学入門」も行われます。
詳細はSPAC公式HP
 
現代音楽のつどい 第8回「サウンドエデュケーションワークショップ」
今回の現代音楽のつどいは、
前回大好評だった「サウンドスケープ」の世界により深く踏み込むべく…


カナダの作曲家レイモンド・マリー・シェーファーが 1960年代後半に提起したサウンドスケープ (<音の景観><音風景>と訳し、音楽、言語、騒音、自然音、の様々な音を聴覚によって把握する景観) の概念に基づく、 普段は気にも留めないけれど常に日常に溢れている 身近な環境の音に耳を傾け、その音を味わい楽しむ 『サウンドエデュケーション』のワークショップを行います!


シェーファーが考案した『サウンドエデュケーション』の ワークを体感することによって、 耳を澄ませば、今まで気づかなかった世界が見えるかも?  

初めての方でも大歓迎!!
音楽の事なんか良く分からない、という方でも (というよりそういう方のほうがむしろ) 楽しめるワークです!!

ぜひぜひお誘い合わせの上ご参加ください!!!


開催日 8月28日(水)19時半〜 
参加費 一般1,500円 学生1,000円 (ドリンク付き)
場所 オルタナティブスペース・スノドカフェ 
         静岡市清水区上原1丁目7−3
         
JUGEMテーマ:音楽
現代音楽のつどい 第7回 「サウンドスケープ〜あなたの周りの音を聴いてみよう〜(仮)」
こんにちは。 だいぶブログがご無沙汰になってしまいました…。 

 2カ月ぶりになりますが、現代音楽のつどい 第7回のお知らせです。 

以下詳細です。ぜひぜひ皆様お誘い合わせのうえお越しください!!! ************************************************** 今回は、前回の現代合唱曲特集の際でも少しご紹介した、 
カナダの作曲家レイモンド・マリー・シェーファーが提唱した 
「サウンドスケープ(日常に溢れる音の景観)」にズーム・イン!(?笑) 


と言っても、今回は難しいレクチャーなどは全然無しなワークショップ的なノリで、 
参加者の皆様にあらかじめ録音して頂いた様々な日常の音を
ピックアップしてみたいと思います。 



 そんなわけで、今回は参加者の皆様にはスマホや録音機材何でも良いので
 (ヘッドフォン端末から音を聴けるもの、
またSDカード、USB等でファイルをパソコンに落とせるものがベスト) 
来月6月18日の現代音楽つどい当日までに、何種類でも良いので、 
日常に溢れる音、あなたの隣で聴こえる音、旅行等遠くへ行って聴こえた音等、
ぜひぜひいろんな音を録音して持ってきて頂きたいのです〜!! 



 あらかじめSDカード等パソコンに落とせる方は、 
事前に録ってきて頂いた音源ファイルを、
ナビゲーター渡会まで 送信して頂いてもOK。 


 録音機材が無く音が録られない方は、 
当日、気になる音が出る楽器や小物等を持ってきて頂ければ、 
こちらで用意する録音機材で録音できます。 


 皆様から録って頂いた音源がどうなるかは…(意味深な…汗) 


 今回もどんなディープなつどいになりますやら!(笑)
 皆様ふるってご参加ください!!!(^^♪ 


 現代音楽のつどい 第7回 
「サウンドスケープ〜あなたの周りの音を聴いてみよう〜(仮)」 

日時:2013/6/18(火)19:30から 
会費:1500円(1ドリンク付き) 
静岡県静岡市清水区上原1-7-3リサイクルブティック・スノードール2F 


JUGEMテーマ:音楽
現代音楽のつどい@スノドカフェ 第5回「素っ頓狂な?ボイス特集」
こんにちは。
昨年から大好評の現代音楽のつどい。
新年初めの現代音楽のつどいのご案内です。

***********************************************
昨年7月に発足して早半年!!
 2013年最初の現代音楽のつどいは、 
その名も「素っ頓狂な?ボイス特集(仮)」でお送りします。 

20世紀に入ってからの、現代音楽の「声」にまつわる楽曲を集めて聴いてみたいと思います。 

今回もディープなつどいになること間違いナシ!(笑) 
初めての方も大歓迎ヽ(^o^)丿 
ぜひぜひお気軽にご参加ください!!! 

日時:2013/2/12(火)19:30〜 
場所:スノドカフェ(静岡県静岡市清水区上原1-7-3) 
会費:1500円(1ドリンク込) 
おやつの持ち込み大歓迎です!!
JUGEMテーマ:音楽
第4回現代音楽のつどい@スノドカフェ(2012/12/19)ワークショップ音源UPしました。
こんにちは。 

昨年12月19日に行った、第4回現代音楽のつどい@スノドカフェでの、 
参加者による「サウンドピース」(参加者がランダムに選んだ行為や演奏の工程が書かれた指示書に従って、 参加者が同時に行為、演奏をおこなうワーク)の音源を you tubeにUPしました。

 グループを3つに分けて演奏しましたが、 それぞれ個性的な音楽になりました。 

ぜひぜひ不思議な偶然性の音楽の世界を覗いてみて下さい。 

グループA

 

  グループB 

 

  グループC 

現代音楽のつどい@スノドカフェ、第4回「ケージWS再び(笑)偶然性で音楽を作ってみたら?実践編」」
告知が後手後手になってしまってすみません。(汗) 

もう今夜になってしまいましたが、今年最後の現代音楽のつどいです。 

今回は皆様のリクエストにお応えして、10月に行った、ジョン・ケージの偶然性によるワークショップでやったサウンド・ピースというワークをやります。 
演奏や行動のモチーフが書かれた指示書をランダムに選び、それを複数の参加者が同時に指示通りに行い、それによって生まれた音をみんなで聴いてみる、というもの。 
今年最後の音遊び!!! どなた様も歓迎致します!!(飛び入りも歓迎) 
ぜひぜひ遊びに来て下さい〜(*^_^*) 

日時:2012/12/19(水)19:30〜 
場所:スノドカフェ(静岡県静岡市清水区上原1-7-3) 
会費:1500円(1ドリンク込) おやつの持ち込み大歓迎です!!
JUGEMテーマ:音楽
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
マイソングクリエイト
RECOMMEND
マジカル・ミステリー・ツアー
マジカル・ミステリー・ツアー (JUGEMレビュー »)
ザ・ビートルズ
このアルバムは一番ビートルズの中でサイケだね。映画もサイケ。高校時代はめちゃくちゃはまりました。
RECOMMEND
Cheap Thrills (Exp)
Cheap Thrills (Exp) (JUGEMレビュー »)
Janis Joplin
やっぱジャニスだね。
ジャニスといえばやっぱり「サマータイム」だね。
すごい人だけど、普通の女の子だったんだなぁとも思う。
RECOMMEND
RECOMMEND
BUSTER KEATON MASTERPIECIES キートンDVD-BOX
BUSTER KEATON MASTERPIECIES キートンDVD-BOX (JUGEMレビュー »)

バスターキートンの短編集。すべて1時間もしない短編だけど,中身は充実!私は「案山子」や「幽霊屋敷」キートンが沢山出てくるやつも好き!とにかく,笑えてお洒落!
RECOMMEND
RECOMMEND
至上の愛
至上の愛 (JUGEMレビュー »)
ジョン・コルトレーン,マッコイ・タイナー,ジミー・ギャリソン,エルヴィン・ジョーンズ
RECOMMEND
Kind of Blue
Kind of Blue (JUGEMレビュー »)
Miles Davis,Wynton Kelly,Paul Chambers,Jimmy Cobb,Cannonball Adderley,John Coltrane,Bill Evans
最近良く聴いているアルバムです。特に4曲目の「All Blues」が好きです。とにかく面子がすごい!コルトレーンにビル・エバンス,キャノンボール・アダレイなど。
RECOMMEND
ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。 (JUGEMレビュー »)
ジュリア キャメロン, Julia Cameron, 菅 靖彦
この本はアーティストや創造的に生きたい人にお勧め。
私もモーニングページ,実践してます。
twitterでつぶやき中 face book
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.